#32 【ウィッチャー3】 トリスとデート

思いがけずトリスとデートすることに

依頼の仕事の最中ですが、役得役得

ゲーム本編

グウェント:大都市のプレーヤー

ディクストラに教えてもらったスコイア=テルの一員から、カードを巻き上げに行きます。

ゲリラだけあって山の中に潜伏しています。ここまで来るだけで、かなり労力が必要でした。

対戦相手はこちらの方。
誰だか知りませんが礼を言われました。礼はいらない、カード(札)を寄越せ。
どうやら、前作で会っていたご様子。そして、ゲラルトも覚えていない。
もちろん私も知らない。

余裕の勝利
受け取ったレアカードは「シリラ」です。
ついにシリをこの手に
戦力値15のヒーローというぶっ壊れぶり。

町が遠かった。
あんなに遠くに拠点を構えて、あのゲリラは責める気があるのか?

街中で、絡まれている女エルフを発見。このエルフは水を汲みに来ただけだと言い張っていますが、手桶も持っていません。
なぜ嘘をつくのか?
謎は謎のままイベントは終了。
これがリアリティ?

とりあえず、流血沙汰は避けたいので、女性をかばう大人なゲラルト。
なにより、人間よりも非人間族の方が優しくしてくれる。

しかしながらエルフ嬢
親切心で助けたのにこの言い草エルフ「何を期待したの? あなたの胸に飛び込んで、またを開いて欲しかったのかしら?」

股を開いてくれるなら、ぜひそうして下さい(怒)

おかしいな。エルフは礼儀正しい人が多い気がしたのですが…

生死にかかわる問題

トリス・メリゴールド嬢が関係するクエストです。
やる気が出ます。

トリスは、イングリッド・ヴィーゲルバッドから変な手紙を受け取ったと。ノヴィグラドからの魔術師の脱出に対する寄付の申し出だそうです。
罠の匂いがプンプンします。
それでも仲間のために寄付金を受け取りたいトリス。
性格の悪いエルフとは違います。
やっぱりトリスが一番

トリス一人を死地に向かわせるわけには行きません。
最初にゲラルトがヴィーゲルバッドの使用人に会い、ウィッチハンターの罠でないことを確かめることにしました。

合言葉は魚市場で
青い上着の男性にマスの値段を聞くことゲラルトは、子供の遊びに嫌々付き合わされている大人の口調でマスの値段を聞きます。

どうやら、この男性で合っていた様子。場所を移して話を聞くことになりましたが、
場所を移す途中で襲われるゲラルト一行
やっぱり罠だったのか?

一応納得できる理由がありました。ヴィーゲルバッドのバカ息子アルバートが錬金術に興味を持ち、ウィッチハンターに狙われているそうです。
それで、トリスに寄付する気になったのね。

バカ息子のアルバートために立案されたのが、仮面舞踏会に乗じて、アルバートを屋敷から連れ出すという作戦です。
合言葉と言い、作戦と言い、
冒険小説の読みすぎで頭が悪くなったのでしょうか?

もちろん、トリスを一人で行かせるわけがありません。ゲラルト「考えてもみろ。85種類のデザートだぞ?そのウェストを維持できなくなるぞ…
冗談も交えつつ、舞踏会の危険性を説き、しっかりと着いて行きます。

舞踏会の準備をしてから、トリスと落ち合うことになりました。
まずは、エリハルの店で仮面を買います。
そういえば、この男エルフも下手糞な女装癖のある人でしたね。
エルフには変人が多いのかな?

めかしこんでトリスの下へ急ぎます。
トリスは、ゲラルトが自分の言ったように着替えてくれたことに喜んでいます。
トリスが喜んでくれるなら、紙の防御力のこの服も悪くない。

トリスもゴージャス

狐の仮面をかぶっていざ会場へ。この程度で、正体がばれなくなるのかははなはだ疑問です。

舞踏会会場入り口付近で泣き崩れている女性を発見「どうして彼が… あんなあばずれ女と」
「ほら、もう泣かないの。男は他にだっているわよ」
「準男爵様なのよ!こんな機会めったにないってのに」

楽しい!
振られた理由は明らかだろ。
トリスはかわいいし、この舞踏会は素晴らしい

途中、人違いされたりしながら、依頼者の下へトリス
「何かの間違いですわ。あなたを存じ上げませんもの」

この程度の仮面でどうして人違いするのだ?

あと、この舞踏会、娼婦がいます
この時代の娼婦は、コンパニオンの役目もしていたのでしょうか?
これで仮面をしていたら更に楽しいのに…

こちらが今回の依頼者

どうやらアルバートはかなり阿保な子なようです。
親父も昆虫の怪物アラキスの養殖をしようとして死んだりと、阿保の血を継いでいるようです。
阿保過ぎてウィッチハンターに狙われているこの危機的事態を理解できていないそう。
少年なのかな?

こいつがアルバートです全然少年じゃないではないか
それでは、知恵遅れというやつですね。

目くらましの花火が上がるときに、生垣の迷路で落ち合うことにしました。
それまで、庭園でトリスとデートです。
このために来たといっても過言ではない。

生垣の迷路に場所を移し、
噴水の縁石ではしゃぐトリスを眺めたり…

バランスを崩したトリスを受け止めたり…

トリスにキスをしたりして

楽しいひと時を過ごしていたのですが、お仕事の時間です。

スポンサーリンク

感想

やっぱりトリスだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. まー より:

    やっぱりトリスです