書籍『サブマリン』

手に取った理由

前作の「チルドレン」は、読みました。
チルドレンは、常識はずれな行動をする陣内を中心にした物語です。
物語は、陣内の友人たちから見た陣内をテーマに進行します。

私はこの、陣内のキャラクターが好きです。
自分の主観を大事にし、屁理屈もいとわない。
そんな彼と再会したくて手に取りました。

スポンサーリンク

あらすじ

家裁調査官の武藤は、常識をわきまえない上司、陣内の率いるチームに所属する。
今回、武藤が新たに引き受けたのは、無免許で死亡事故を起こした19歳の少年の棚岡だ。
調査の過程で、棚岡は小学生の時に同級生が死亡した死亡事故の現場に居合わせたことが判明した。
その、過去の死亡事故を起こした少年の名は若林。そして、若林の担当調査官は陣内だった。

このような経緯で、武藤の担当する少年棚岡と陣内は面識があったのだ。

結末まで

武藤は、協力的なのかそうでないのかわからない陣内の助力もありつつ、棚岡は若林の殺害を目的として車を運転していたことを掴む。
棚岡は運転操作を誤り、無関係な人を巻き込んでしまったのだ。

すすめる?

最近の伊坂シリーズのダークさが気になる方でも大丈夫。
でも先に「チルドレン」を読んでおくこと。

感想

読み味

伊坂幸太郎氏の読み味は、年代を経て大きく変わったように感じる。
もちろん私が変わっただけかもしれないが…

全体として、年代を経るごとに暗さを感じるのだ。
陽気なギャングでは暴力的な描写は少なかった。暴力的にガムテープでミイラを作っているシーンでもどこか牧歌的な会話が交わされていた。
しかし、だんだんと会話が浮いているようにしか感じられなくなってきた。

本作は、一時期より明るくなったように感じた。
私としてはこちらの方が好みです。

ただ、途中でくどいところはあります。
おそらく、武藤の煩悶を表しているのでしょうが、一気に読むには少々冗長な感じを受けました。

少年犯罪というテーマ

少年犯罪は伊坂幸太郎氏が持つ1つのテーマなのでしょう。
「陽気なギャングが地球を回す」では、いじめや、少年による殺人をほのめかす発言が出てきましたし、「重力ピエロ」の春は少年による強姦で生まれた子供でした。

この2つについて、いじめは、ボクシングの元インターハイ選手の響野が殴り飛ばし、強姦魔は強姦で生まれた息子に殴り殺されました。
この2つは明確な罪で、わかりやすい犯罪だったのでこれで解決できたのですが、今作は違います。

今作の最初の犯罪は過失による殺人。つまり若林に殺意はなく、運転ミスによる殺人です。
過失による殺人などの「目には目を」のハムラビ法典が使えない罪はどう裁けばよいのか?
「重力ピエロ」の春は「10人殺したら10倍苦しい殺され方をするしかない」「うっかり人を殺してしまった人はうっかり殺されるしかない」と言う趣旨の発言をしました。

このうっかり殺すという回答で解決しようとしたのが今作の棚岡です。
しかし、若林君も反省している。武藤も若林君を殺す正当性が感情的に見いだせない。
反省する若林君に対して陣内の主張は、「人の命は人の命で埋まらない」。代えは効かないので当然ですが若林君はどうすればよいのか…

結局、棚岡君は踏ん切りをつけるために何か行動するしかなかったのでしょう。
陣内自身、過去に父親に真正面から一発くれることで踏ん切りをつけているので、この主張には多少は思うところがあるでしょう。

このように意見がいくつか出てきて結論が出てこない辺りは、作者の考えが変化している途中なのかな?と感じるところです。

法律は何のためにあるのでしょうか?
素人の私がパッと思いつくのは、犯罪の抑制、被害者・遺族の感情をくむため、私刑の防止です。

法律はサッカーのルールとは違うのです。戦略的なペナルティなどあり得ない。
そういう意味で罪に対して罰は割に合わない程度の重さが必要。
そして被害者・遺族の感情を汲み感情の救済も目的としているはずです。
更に法律は私刑の防止にも役立つはずです。もし人を殺しても1年程度の懲役だったら、仇討の殺人が増えそうです。特にこの赤穂浪士がもてはやされる国ではそう感じます。

ここに加害者の更生の可能性は考慮する必要があるのか?
法律を作る目的が上の3つのみならば更生の可能性は考える必要はないのでしょう。
実際、棚岡君は更生の可能性を考慮したために上記の3条件から外れた法律に振り回されて仇討を決行した。

陣内について

常識をわきまえない陣内さん。
武藤としては陣内が昇格試験を受けてチームのリーダーとなっていることに驚きを感じたようです。

しかし陣内さんは中々に真面目なところもあるのです。
そもそも、家裁の調査員になるには、法律の猛勉強が必要です。
前作の「チルドレン」では陣内はまさに勉強の最中。
分厚い本を読んで勉強しているようでした。

そして、本作でも、リーダーとなり、永瀬を使って事故現場の情報収集をし、漫画家に頼み込んで打ち切られた漫画の続きを描かせ…

陣内は常識をわきまえない。
でも自分の主観には忠実に従い、非常にまじめと言っていい、ひたむきな行動力があるのです。

まさに「恐いもの見たさで付き合いたい変人」と言ったところです。

ただし、伊坂シリーズで、私の一番好きな変人は響野さんです。
彼の思考も語られるのがよいのかもしれません。

雑記

「チルドレン」のメンバーが出てきていたが、鴨居はどこに行ったのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク